CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
いらないラジコンはこちらに(笑)
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • クロ祭り CC-01クラス、勝てたのはなぜ(^^)
    もぐら君 (06/15)
  • クロ祭り CC-01クラス、勝てたのはなぜ(^^)
    mura (06/15)
  • クロ祭り CC-01クラス、勝てたのはなぜ(^^)
    もぐら君 (06/15)
  • もぐら君さんへ スケールクローラー、オススメのESC モーター サーボ
    もぐら君 (06/14)
  • もぐら君さんへ スケールクローラー、オススメのESC モーター サーボ
    mura (06/13)
  • もぐら君さんへ スケールクローラー、オススメのESC モーター サーボ
    mura (06/13)
  • もぐら君さんへ スケールクローラー、オススメのESC モーター サーボ
    もぐら君 (06/13)
  • もぐら君さんへ スケールクローラー、オススメのESC モーター サーボ
    もぐら君 (06/13)
  • クロ祭り 無事終了しました! ありがとうございます。
    mura (06/13)
  • もぐら君さんへ スケールクローラー、オススメのESC モーター サーボ
    mura (06/13)
CATEGORIES
ARCHIVES
ラジマガCC
僕も冬のみ使ってます。
僕の憧れ
クローラーには定番です

Public School Polo Dress

価格:18,055円
(2017/5/2 22:33時点)
感想(0件)

LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode

WK クローリング日記

スケールクローラーを中心に
RCロッククローリングの制作・走行記を書いています。
#ラジコン #スケールクローラー #ラジコンクローラー #クローリング
too busy.

仕事もその他も忙しくってブログも更新できずすいません。
週末は久々イシキリでも行ってこようかな…行けるといいな…どうかな…。
 
| Pajero (Gmade SAWBACK) | 15:10 | - | - | |
SAWBACK PAJERO .24
前回記事から続きです。↓未読の方はどうぞ。
http://wk-muraken.jugem.jp/?eid=460

前回は下地のシルバーリーフを吹いたところまで。
そこで何色にするか悩んでいたわけですが…決めました。

そう白。白?
タミヤのピュアホワイトを吹きます。

それにストライプ用のマスキングをして…

同じくタミヤのメタリックブルーを吹くと…完成。
今回はその上から実車用(ホルツ)のクリアーを吹いてつや出しと傷防止。ちなみにタミヤスプレーの上からホルツのクリアーを吹く時は絶対に完全乾燥させてからどうぞ。ホルツの溶剤は強いらしいのでタミヤスプレーが乾く前(ラッカー成分が残っている状態)に上から重ね塗りすると色が溶け出すらしいです(実際にやってみたことがないのでわかりませんが、Webで調べると色々なところでそう書いてあります)。
蛇足ですが、下塗りせずにプラボディに直接ホルツのスプレーを吹くのはもっとNGらしいです(最悪ボディ表面が溶けます)。
この辺は自己責任でお願いします。

で、ライト周りやミラー等をつけ直すと…こんな感じ。

今回の元ネタはこれ。シェルビーのGT350です。お分かりの方もいるかも知れませんが前回のブルーメタにホワイトも…

元ネタは同じくシェルビーカラー。

というわけでパジェロの塗り直しは完了です。あとはちょこちょこステッカー等を貼れば終了ですね。
| Pajero (Gmade SAWBACK) | 18:22 | - | - | |
SAWBACK PAJERO .23
STCや、そのあとのモナ走行会で、ボロボロになったパジェロボディを修復します。
まずはライトや窓、バッグミラーなどの部品を外しまして…ボディを観察。

ボンネットは意外と無傷に近いですが、前後フェンダー、Cピラーなどガッツリ傷が入っています。小さな傷は思惑通り下地のシルバーがチラ見えしてリアルな感じですが、写真でもわかるように白いプラ本体まで食い込んでいる傷はやっぱりどうにかしたいところ。

まずはサンドペーパー(タミヤのフィニッシングペーパーとか)で磨きます。このとき2トーンカラーの場合は、傷だけでなくトーンの段差も消えるように削りましょう。300番→1000番→2000番の順で3回磨きます。
傷がヒドい場所は適宜パテなどで修復してください。あと細かいモールドは削り過ぎるとなくなるのでご注意を。

磨き終えたら(←自分が納得できたらOK)、次は下地処理。何度も書いていますが、僕はここでタミヤスプレーのマットブラックを吹きます。もちろん各社のサーフェイサーでも問題ないですが、プラボディの“透け”が気になるので、僕は黒なのです。
外側だけでなく内側も満遍なく慎重に。
1色に塗ると塗る前には気づかなかった傷が見えてきますので気になるようならもう一回。

次に同じくタミヤスプレーのシルバーリーフを表面に。シルバーを吹く前に黒で残したいところ(ドアハンドルやウインドシール)はマスキングするといいと思います。これも以前に書いてますが太陽光の下とかで塗装面が反射したとき下地にシルバーを吹いたかどうかで見え方が違う気がします。(これもあくまで私見ですが)

今週はここまでで時間切れ。ブラック/シルバーが完全乾燥するまで1週間ほど待つことにします。(前回は焦ってこの上にブルーメタ吹いたら大失敗したので)
待っている時間で何色にしようか悩むことにします。
亀◯師匠には「ピンク」、片岡先輩には「オレンジ」を勧められています。さすが二人ともよくお分かりで、僕はパジェロ派手目にしようかなって思ってます。syu君みたいにガンダムカラー?にはしませんが(笑)
| Pajero (Gmade SAWBACK) | 20:18 | - | - | |
PAJERO in STC 2014
さてさて、先週日曜日、成功裏のうちに終了したSTC。
いろんな友達の撮ってくれた僕の車の写真が入手できたので…手前味噌ですいません。

まずはパジェロの印象から。
今まで一人で走らせている時は、ボディを傷つけたくない心理も働いてあんまり気づかなかった事も、今回みんなと一緒に思いっきり走らせてみて改めてわかってきたので、その辺を少し書いてみます(←ほぼ反省です)。

まずは思った以上良く走ります。タイヤのおかげか、はたまた重量配分が良かったのか、パジェロよりホイールベースの長い車にも負けない登坂力!ここは合格!と思います。
その他良かった点は
●SAWBACKシャーシは頑丈!
●サンワサーボ962とサイドワインダーはバッチリ
●PITBULL、やっぱり食います。特に今回の石切の岩にはバッチリ!

でも反省点もいっぱい
●ステアリングが思ったより切れない
●トレッドが狭いからかキャンバーはまだまだ
●とりあえずの50Tモーターが思った以上にパワーが不足
●ドライバー人形が取れた(笑)
●ドライブシャフトが折れた

…おお、反省点ばかり!
でも最大の問題点は
●操縦する自分の腕(爆)

いやいや、これ本当。やっぱりTakeちゃんやユウ君、Sawaさんの見てると「うまいなー」と思うし、KataokaさんのSCXはホント規格外の走りでした(あのシーン、誰か動画撮ってないのかな?)。精進せねば(笑)

というわけでやっぱりYukon(SCX)の方がまだまだメインマシン、なのかな〜?
| Pajero (Gmade SAWBACK) | 21:11 | - | - | |
SAWBACK PAJERO .22
最近はRC4WDから出ているスーパーリフト(?)印のダンパーやステアリングスタビが流行っているようですね。
確かに実車用パーツのライセンス品なのでカッコいい!
…でも最近金欠の僕にはちょっと高い(パフォーマンスto価格レシオが低い?)気がしているので手を出しません(出せません)。

でも実車のステアリングダンパー、カッコいいよね〜、というわけで手持ちの古パーツをリサイクルしてなんちゃってステアリングダンパーを作ってみました。

それがこれ。
RC4WD製の旧スケールダンパー(まだ太くって、インナースプリングが固すぎると不評だったアレです)のシリンダー内に詰め物をして不動にして、同じく赤いダンパーブーツもつけてみました。
…太いか?太すぎか?まあまあ雰囲気物ですから、よしとします。

さてさてみなさん、STCが再来週に迫ってきています。準備はOK?
会場でお会いしましょうね〜楽しみ楽しみ。
| Pajero (Gmade SAWBACK) | 19:40 | - | - | |
SAWBACK PAJERO .21
ウインチ、フォグライトの電装系(?)をちゃんと配線して動く&光るようにしました。

ウインチはリモコンキットが売り切れだったので、標準のトルグスイッチを荷台に装備。…しかし元々のハンダ付けがかなりいい加減でちゃんと配線(受信機から電気をとってます)しても「伸びる」側にしか動かない(怒)。
よくよく観察するとトルグスイッチの配線が切れていたので、ハンダをやり直すと正常に動きました。やれやれ。

ついでに手持ちの消化機・ロープ・ラジコンミニチュア(フロッグ!)で荷台をなんちゃってディテールアップ。

フォグはタミヤのライトユニットを風船で防水して光るようにしています。本当はヘッドランプも光るようにできるんですが、ボディーをはずす度にコードが邪魔してめんどくさいので、今回はシャーシ側のフォグだけです(←横着でスンマセン)。

これで当初の計画は全て終了。気が向いたらシュノーケルとかルーフキャリアとかも考えてみます。
現在の最大の問題は、仕事が忙しい、ということ。ほとんど土日が自由にならないので走らせにいけません(泣)。6/22のSTCはなんとか休みを確保して参加するぞ!…大丈夫かな?

おまけ:ピカーッ!

 
| Pajero (Gmade SAWBACK) | 21:10 | - | - | |
SAWBACK PAJERO .20
パジェロさんもほぼほぼ完成ですが、残りは電気系のオプションです。
まずはウインチ。手持ちの3racing製でも良かったのですが、ちょっと調子が悪い(←誤作動します、たまに)なので、出費がかさみますがウインチを購入。

購入したのはこれTOPCAD製の「シェルターウィンチ」。

どうもRC4WDの製品と全く同じものらしく、それに比べると多少安めの価格設定になっています。(←いいのかね?)

取り付けた状態がこちら。前後の牽引シャックルが赤なのでそれに合わせた感じで良いかと。

ただまだ配線は行っていませんのでの不動のママです。今度ちゃんと動くようにします。

それともう一つ地味な改造を一つ
まずは改造前。

そんで改造後。

…違いわかります?写真だと微妙にアングルに差があるので、わかりづらいですが、ナックルを削って操舵角を増やしています。
実際は写真で見るより効果が大きい気がします。
ただもちろん「ナックルを削る=強度は落ちる」ですので削るときは細心の注意をしながら少しずつやってください。下手をすると高負荷がかかった時点で「ポキッ」となることも考えられますので、自己責任でどうぞ。
| Pajero (Gmade SAWBACK) | 18:01 | - | - | |
Pajero in Ishikiri
連休最後の日に時間を作って石切へ。

走行動画を撮ったり、一人クロしたり、コンペチームの走りを眺めたり、短い時間でしたが楽しめました。

さて、Gmade Sawbackを2度、石切で走らせた感触は…
●ギヤ比は速すぎず遅すぎずちょうどいい感じ。個人的にはもう少しだけ遅くてもイイとは思います。
●シャーシやアクスルの強度は文句なし。頑丈です。
●ギヤがうるさい。おそらくデフ玉辺りから金属音がします。バックラッシュが合っていない?シムで調整かな?
●ノーマルナックル&Cハブではユニバを付けてもステア角はたいしたことない。要改造かな?
●1.55タイヤではデフ玉の対地クリアランスが足りない。走り優先なら外径は110mm以上が望ましい?
●前回も書きましたがサーボ&ESCはかなりイイ!ハンドルはキュイキュイ、アクセルはジワ〜っと行けます。

当日はおまけにTA02Tを連れて行きました。
ワーオフボディは一度降ろして、F150を載せ直してます。



PAJEROの動画です。ご興味あればぜひ。では。
| Pajero (Gmade SAWBACK) | 23:31 | - | - | |
SAWBACK PAJERO .19
日曜午後にやっと時間ができたので石切に出撃。パジェロのシェイクダウンをしてきました。
…結果は、意外と走りません(汗)。
流石にショートホイールベース、1.55タイヤでは腹下が足りず、同行させたSCXで行けるコースが行けない…。ただSCXは前カキも入っているしタイヤもデカイ(外径に5mm以上差があります)ので、比べるのは可哀想かな?

良かった点もあります。
●サーボがいい…SANWAの962、いいと思います。岩場でもハイグリップタイヤでもスムーズにハンドルが切れます。
●アンプがいい…サイドワインダーV3、明らかに進化してます。SCXに積んでいるサイドワインダーマイクロより明らかにスムーズな低速走行ができます。
●タイヤはまあまあ…Pitbullの1.55は期待ほどバリ喰いではありませんでした。もちろん悪くはないですが、RC4WDの最新コンパウンド(X2SS?)の方がもっと「ベタ〜ッ」とグリップする気がします。

石切はこの日かなり増水中。クマの痕跡?もあり、ちょっとドキドキしつつ2時間ほど遊んできました。僕は今年初の石切だったのでヒサビサに再会したSAWAさん&KAMAKURAさん、そしてお名前お聞きするの忘れちゃいましたがXR10&レイスを持ち込んでいた方としばしクロ談義(笑)

ちなみにシェイクダウンは動画も撮ったので、おヒマな方はどうぞ


そして帰ろうと駐車場に向っていると…どこからか「ウィウィ〜ン!」と気持ちのいいエンジン音が!近づいて行くとなんとBAJA5が爆走中!しかも周りにはクロ車も数台!

春になるとラジコン好きが集まる石切、ほのぼのしていてイイ場所です(笑)
| Pajero (Gmade SAWBACK) | 09:19 | - | - | |
SAWBACK PAJERO .18
GW中にはシェイクダウン予定なので、汚れていない状態でお見せできるのは最後かも。と思いまして写真掲載です。

まずはインナーボディから。単純にタミヤ製プラ板で箱組した内装にトイラジのフロントシートとタミヤのドライバー人形、それにワイルドウイリー用のハンドルとシフトノブででっち上げています。
シャーシはSAWBACKを70mmほど切断して使用。細かいことですがモーターの搭載位置が前に来るように前後逆に組んでます。(←どれほど効果があるか不明)。
ちなみにシャーシとデフカバーはホワイトで塗装。

そしてボディを被せます。塗装は全てタミヤスプレーでマットブラック→シルバー→レーシングブルー→ホワイトの順で吹き付けてます。シルバーの下地は黒が良く、シルバーをベースにするとその上に重ねる色が「ギラリっ」っと独特の光沢を帯びます。

お次ぎはインナーボディを後から。ロールバーはタミヤF350のジャンクパーツをこれまたホワイトで。シャーシもデフカバーもロールバー(←プラメッキ)もミッチャクロンをプライマーとして吹いてます。メッキだろうと金属だろうとウレタンだろうと塗料が載るようになるのでお試しアレ。

ボディを被せた後からのショット。パジェロのテールランプはタミヤ製には珍しくクリアパーツではないので、最初は切り抜いて透明アクリルかなにかで作ろうかと考えていましたが、シルバー→クリアーオレンジ&レッドでイイ感じなりました。(近くで見ると盛大にはみ出しがありますがw)
僕的には非常に珍しいことですがボディには一切ステッカー類は貼ってません(ナンバープレート除く)。

こんな感じでほぼ完成のパジェロ。あとは電飾かなぁ〜。
| Pajero (Gmade SAWBACK) | 21:06 | - | - | |
| 1/4PAGES | >>